自己紹介



  • ☆ ま り ん ☆
    札幌在住40代会社員。
    ☆ オ ッ ト ☆
    同じく40代会社員。
    ☆ か こ (長女) ☆
    立命館慶祥高1年。
    ☆ に こ (次女) ☆
    4月にリッツ入学予定

問い合わせフォーム

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

塾・習い事

2016年9月26日 (月)

進学プラザの開成・グループ活動対策

進学プラザの開成中突破模試の答案返却会があり、その際に、グループ活動対策講座をご案内いただきました。

日曜午後の1時間で、10月2日に体験会があります。
プレ本番模試を含めて全10回。



価格もお手頃ですし、グループ活動には不安もあったので、わたしは惹かれるものがありましたが、にこは今、第一志望がリッツであることなどなら、開成に特化したものは受けない、と本人が決めました。「グループ活動、何もわからずに受けちゃって大丈夫か?」とわたしは思いましたが、本人が決めたこと。親にやらされた感が強いと、あらゆる結果に納得できないよな、と思うので、にこの意見を尊重することに。まあ、幸い、中学受験は残念な結果になっても、地元に行く場所はあるんだし。

秋になり、併願先をどうするか、どの方式で受けるか、具体的に考える時期がきました。開成は、調査票も学校に渡さねばならない時期でもあります。月末にくる通知表も、コピーが必要な学校がありますので、ご注意ください(*^^*)




↓↓ 1日1クリックの応援、嬉しいです♪ ↓↓

中学校受験 ブログランキングへ

2016年9月12日 (月)

開成中突破模試保護者説明会

開成中突破模試の説明会、メモ代わりにアップします。

まずは、進学プラザの新しい札幌本部のきれいさにびっくり。開成中効果?





おそらく、当日の受検者層とあまり異ならないと思いますが、模試の受検者の出身区が紹介されました。

東区26%
北区、豊平区12%
西区11%
中央区9%

上位はこんな感じ。

説明会では、来年から抽選がなくなった際の新聞報道などで明らかになった、各学年、生徒の15パーセントにあたる20人程度が授業についていけていないとの学校の本音について、当然保護者も疑問を持ち、学校でも保護者会などあったと述べられました(公立ゆえ説明責任が私立より大きく課されており、制度変更などという大きな出来事には理由を開示しなくてはならない以上、学校側の言い分もわかりますが、保護者側からすると、あんな倍率の選考をくぐったということは、開成に合っていると認定されたはずなのに学校の指導内容を棚上げして子どもを能力不足と言われた感があり、ちょっと悲しいですよね)。

3年目での抽選廃止とグループ活動導入。

今回の変更点は、大きく3つだとか。

1つ目。
適性検査IIの結果と入学後の生徒の学力との間に相関関係がなかったため、適性検査IIの内容を変更すること。

2つ目。
各段階で男女別に選考すること。
昨年は、一次検査欠席が37人、合格後の辞退者がまさかの10人で、抽選前に残した人数のうち男子が極端に少なかったことが問題視されました。その対策もあるのでしょう。

3つ目。
面接の結果と入学後の生徒の学力との間に相関関係がなかったので、開成の授業に合う生徒を見つけるため、グループ活動を導入すること。

今までの選考方法のうち、2つまでが
「相関関係がなかった」
と言われるのはせつないですが…。

やはり、この説明会でも、今回の選考方法では、一次に残りさえすれば、何か突出したものがある子が選ばれるので、良いところを伸ばす勉強が必要だとおっしゃっていました。

また、試験が午後開催になるので、眠くなるから注意!というようなお話も。

話は別ですが、札幌北高が、2017年度入試から、英数傾斜配点(2倍)になるそうです。これは確実です、とのお話でした。昔、北高が校区の生徒は南高は受けられず、南高の校区の生徒は北高を受けられませんでした。だから両者は拮抗していたのですが、同じ校区になったことで北高と南高はかなり差がついてしまっている模様。わたしも、南高ではない校区でしたので、なんだか北高にも頑張ってもらいたいです!

話は逸れましたが、進学プラザさんは、開成受検を勧めつつ、落ちたら、南高目指してわが塾へ、というつなぎ方が上手です。あの新しい本部を見て、かなりの生徒さんをキャッチしていることがわかりました。説明会のパワポも、様々なデータを活用されていて、これからの教育の変遷など、よくわかります。

ご参考まで。


↓↓ 1日1クリックの応援、嬉しいです♪ ↓↓

中学校受験 ブログランキングへ




2016年9月11日 (日)

れんせいの開成中模試

れんせいが、10月10日に、開成中模試を開催します。

ご関心のある方は、ぜひ!


↓↓ 1日1クリックの応援、嬉しいです♪ ↓↓

中学校受験 ブログランキングへ

2016年9月 6日 (火)

増進会「開成受験日曜コース」

今からでも間に合う開成対策講座、とのことで案内がありましたのでアップします。



でも、これ、「受験」じゃなく「受検」ですよね…
ちょっと残念。

通学できない方のコースもあります。



ご参考まで。


↓↓ 1日1クリックの応援、嬉しいです♪ ↓↓

中学校受験 ブログランキングへ

2016年6月19日 (日)

標準の夏期講習

夏期講習募集の時期ですね。
標準からも案内がきました。



合宿形式のカリキュラムもあり、さまざまな経験をさせたいという標準のポリシーを感じます。



また、夏期講習に先立ち、7月9日には教育講演会が開催されます。



関心のある方はぜひ(*^^*)

↓↓ 1日1クリックの応援、嬉しいです♪ ↓↓

中学校受験 ブログランキングへ




2016年5月12日 (木)

公立中高一貫の今(日経デュアル)

<公立中高一貫校の今(日経デュアル)>

日経デュアルの記事です。
公立中高一貫ができて10年程経過する首都圏の状況が連載されるようです。
今回の記事は、2015年12月20日エントリーで紹介した書籍の著者・佐藤智氏と、2014年7月23日エントリーで紹介した、首都圏公立中高一貫に強い塾・enaの小学部長・中村絢香氏の対談も。

開成希望の方のご参考まで。


↓↓ 1日1クリックの応援、嬉しいです♪ ↓↓

中学校受験 ブログランキングへ

2016年5月11日 (水)

6/5(日)、全国統一小学生テスト@四谷大塚

<全国統一小学生テスト(四谷大塚)>

受験料無料で、↑のテストが受験できます。
小1から小6が対象です。
ご参考まで。


↓↓ 1日1クリックの応援、嬉しいです♪ ↓↓

中学校受験 ブログランキングへ

2016年5月 5日 (木)

6/12(日)、開成中模試@増進会

こちらも、増進会の開成中模試です。



いよいよ小6だというのに、なんだか親子ともどものんびりしています。これではいけないような(−_−;)

にこは、開成に惹かれていたのですが、ここにきて、理由はわかりませんが、開成よりもリッツに意欲を見せています。最終学年の説明会などで、どう変わるのかな…。リッツならできればSP、と親は考えますが、この難関化になかなか認定は困難であることは予想され。習い事を含め、小学生時代に体験することを犠牲にしない範囲で、というわが家のゆるい意識では、難しいなあ、と。いやいや、やれる範囲では頑張らねば、なんですけどね!

話がそれましたが、受験まで実はあと8カ月。
連休はダラダラしていましたが、わたしもまた明日から仕事に生活に励みます(*^^*)


↓↓ 1日1クリックの応援、嬉しいです♪ ↓↓

中学校受験 ブログランキングへ

2016年5月 2日 (月)

6/5(日)、北嶺、附属、難関中学入試オープン@増進会

6月5日に、各種模試が開催されます。
主催は増進会。



北嶺と立命館からは、校長と副校長も説明に参加されます。

この日は、全国統一小学生テストなので、受験生は分かれてしまいそうですね。


↓↓ 1日1クリックの応援、嬉しいです♪ ↓↓

中学校受験 ブログランキングへ

2016年4月27日 (水)

札幌の理数専門塾等

北嶺生が結構通っている、という情報をいただき、紹介します。
西野にある、数理科専門塾の「phi-φ(ファイ)」。
大学生も教えるというこの塾は、受験テクニックのみを目的とする教育ではなく、生涯にわたって役立つ数学・理科の考え方を提供する塾のようです。
HPにも、
「大学合格後を見据えた、誤りのない数学・物理・化学の体験
 北大医学部・東大等の難関校に、上位1割以内で合格する力をつける講義と演習」
とはっきりと書かれています。

<西野の数理科学専門塾phi-φ(ファイ)>



【追記】2016.8.25
<理数科専門塾 phi>
URLが変更になっているようです。

高校生にもなると、理数科は、得意な子はどんどん進み、苦手な子はどんどん取りこぼしていってしまいますよね。
西28丁目にも、理数中心の塾「東大セミナー札幌」があります。
対象科目は、小学校補習算数・理科、中学受験算数・理科、高校受験数学・英語・理科、大学受験文系数学・理系数学、物理、英文法。

<東大セミナー札幌>

札幌駅には、医学部受験を中心に指導している塾「東大数理英セミナー」があります。

↑の塾と名称は似ていますが、それぞれ別の塾です。
こちらの塾は、対象となる塾生について、北嶺やリッツなど中高一貫生を基本としながら、南北の生徒さんなども見ていらっしゃるようです。

<東大理数英セミナー>

理数専門塾はニーズも高いのでしょうね。
私も、子どもには全然教えられないし…(汗)。
ほか、札幌市内には様々な理数専門塾があり、対象となる生徒、学年、進学先も様々です。

<数学重点塾インフィニティ>

<アポリア数学工房>

<理数専門塾・家庭教師STEP>

<数学専門塾パスカル>

ご参考まで。


↓↓ 1日1クリックの応援、嬉しいです♪ ↓↓

中学校受験 ブログランキングへ









より以前の記事一覧

広告

  • 広告

 広告

  •  広告

PR

  • PR