自己紹介



  • ☆ ま り ん ☆
    札幌在住40代会社員。
    ☆ オ ッ ト ☆
    同じく40代会社員。
    ☆ か こ (長女) ☆
    立命館慶祥高1年。
    ☆ に こ (次女) ☆
    4月にリッツ入学予定

問い合わせフォーム

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 写真撮影 | トップページ | 光星プレテスト »

2016年10月29日 (土)

マリーアントワネット展@六本木ヒルズ

東京でマリーアントワネット展を観てきました。
六本木ヒルズの森美術館。



この展覧会に先立ち、ヴェルサイユ宮殿監修の本が出て、それを読んでいました。



「マリー・アントワネット」惣領冬実



「チェーザレ」の作者の惣領冬実先生。
ヴェルサイユ宮殿に2週間滞在し、史料や美術品をつぶさに見て調べて日仏同時発売になったマンガ作品。
マンガとはいえ、絵画を観るような気持ちに。
堕落の象徴として、あるいは気高い王妃として、大きな存在に描かれがちなアントワネットは、このように普通の素直な女性だったのかもしれません。

「マリー・アントワネットの嘘」惣領冬実/塚田有那



これは、マンガの解説本でもあります。
ルイ16世が愚鈍だったとか、アントワネットが「パンがなければならお菓子を食べれば良いじゃない」と言ったとか、誤解されて流布されている嘘を、最新の研究に基づき、正している本です。

いずれもマリーアントワネット展のショップでも販売されています。セットで読むのがオススメ。

この本では、ルイ16世が性的に不能で手術を受けたのは嘘だと書かれていましたが、音声ガイドでは手術の話があり、ちと残念。



アントワネットの絵画は、10代、20代、30代と、ふくよかになって年齢を重ねる女性の移り変わりがはっきりと描かれていました。

写真撮影OKだった箇所はこちら。



今回の展覧会の目玉は、王妃の部屋の再現なんだそうです。

会場限定のマリー。




2014/9/6のエントリーで、マリー・アントワネットの絵画に触れています。

会場限定表紙の図録です。
買っちゃった…



東京は展覧会がたくさんあるのが羨ましいなあ。

最後に森美術館からの景色。





↓↓ 1日1クリックの応援、嬉しいです♪ ↓↓

中学校受験 ブログランキングへ

« 写真撮影 | トップページ | 光星プレテスト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリーアントワネット展@六本木ヒルズ:

« 写真撮影 | トップページ | 光星プレテスト »

広告

  • 広告

 広告

  •  広告

PR

  • PR