自己紹介



  • ☆ ま り ん ☆
    札幌在住40代会社員。
    ☆ オ ッ ト ☆
    同じく40代会社員。
    ☆ か こ (長女) ☆
    立命館慶祥高1年。
    ☆ に こ (次女) ☆
    4月にリッツ入学予定

問い合わせフォーム

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 仕事納めです | トップページ | 「日本で働くのは本当に損なのか」海老原嗣生 »

2013年12月27日 (金)

附属の合格発表

教育大付属中学の発表が昨日ありましたね。
受検した皆様、本当にお疲れ様でした。
今年もすごい倍率で、5倍とも7倍とも言われていますよね。
この狭き門を潜り抜けたみなさま、おめでとうございます。
残念ながら漏れてしまった方、でもこの頑張りはここで終了、というものではないので、次行きましょう、次(私立中学でも公立高校でも、次の目標はできるはず)!

附属や公立中高一貫の試験は、就職試験と似ていると思います。
「こういう子が欲しい」
という指針が会社ごとに違うように、この就職試験に似た試験で選ばれなかったからと言って、「劣っている」ということではないと思います。

公立や国立では、はきはきしていて素直で、リーダーシップも取れるような子を求めますよね。
でも、就職活動では、そういう人材ばかりでは、みんな「オレが、オレが」「私が、私が」になって組織は崩壊します。
業界によっても求める人材は違ってくる。
公立・国立受検界においては、社会で役立つ人材のごく一部であるそういう「ハキハキした人材」が合格する傾向にあるため、あたかもそれ以外はダメかのように錯覚しますが、そうではない価値観もあり、また、面接などの運不運で、合否はわかれるという現実もあります。
再度試験をした場合、同じメンバーが合格するかどうかということも、また、あると思います。
ですから、不合格だったご家庭も、過度に落ち込むことはなさいませんよう、祈っております。
頑張ったお子さんを励ますこと、肯定することから願っています。

私は、結構、控えめだけど芯があるお子さん、好きですよ。
そういう子は、本当に、大学受験までにすごい力をつけると思います。
まだ12歳。
ここから、ですよね。ここから。

↓↓ 読んでいただけましたら、1日1クリック、お願いいたします♪ ↓↓
 


中学校受験 ブログランキングへ


« 仕事納めです | トップページ | 「日本で働くのは本当に損なのか」海老原嗣生 »

北海道教育大附属札幌中学」カテゴリの記事

コメント

附属中、受験しました。
不合格でしたが(ー ー;)

今年は、内部の女子が全員合格で35人(多分)。外部の女子は、受験者140人程で合格者19人。
倍率は、8倍いっているかもしれませんね。男子もその位だったと思います。

やはり、クラス人数を35名に減らしたことで、合格人数も去年の2分の1になりました。
また、札幌市内の公立中学校の印象が悪かったことで、受験者が増加したことも倍率の急増に繋がったのかもしれません。

受かった子のほとんどが、準備体操でリーダーになったり、面接が何度も繰り返され討論のようになっていました。
リーダー性や、協調性、自分の考えの軸がはっきりしているかをみているのでしょうね。

長々と、すいません^^;

残念ながら、我が家も不合格でした。
合格者数は、受験番号から内部男子31人、内部女子35人、外部男子23人、外部女子19人だと思われます。おそらく外部の倍率は7倍ほどです。

「市立中に行かせたくない」はまさに附属受験の理由の一つでした。小学校の様子を見ていると不安要素が多くて…。地域差もあると思いますが、市立中の改善をしてほしいと強く思います。

うちも残念ながら不合格。
合格されたお友だちの話では試験がまず
満点自信あるといっていました。
模擬テスト結果でも毎回トップ付近にいたお友だちなので娘はその子が合格したのも納得って感じでした。
面接や運動はその子がどうだったかはわからないですがやはり点数も、満点自信あるくらいじゃないとなかなか合格するのは本当に厳しいんだなと感じました。
追加合格は女の子はかなりすくないか無いんじゃないかと(>_<)
これもよい経験だと考えて本人が一番悔しかったはずだから前向きに!

小6です。様

コメントありがとうございますm(__)m

本当に、今年はすごい倍率ですね。
残念な結果でしたが、受かる方が圧倒的に少ないので、落ち込まないでください!
やはり、リーダータイプのお子さんが合格されているのですねぇ。
市内の公立中学校の印象は良くない状況なのですね。
確かに、良い話ってどこも積極的にささやかれないですよね。

また、お立ち寄りくださいねー(^-^)/


ノイズちゃん様

コメントありがとうございますm(__)m

結果は残念でしたね…
男子もそうですが、女子の倍率ものすごいですねー。
市立中学校の満足度が高ければ、附属もこんなに高倍率にはならないかもしれませんよねー。

そこんとこ、公立の教職員育成機関の附属中学校はどう思ってるでしょうね。


また、お立ち寄りくださいねー(^-^)/

記名なしの投稿者様


コメントありがとうございますm(__)m

結果は残念でしたね…
本当に、満点かそれに近いのでしょうね、合格の方は…

この経験は絶対次にいきると、私も思います。
親御さんもそう思うことが良いと思います。
おおらかに、前向きに!応援しています(^-^)

また、お立ち寄りくださいねー(^-^)/

こんばんは。我が家ですが不合格でした!
子どもには厳しいけど頑張ったね。って感じではなしましたが私もショックでした!(>_<)
追加で合格も女の子はなかなかないよって聞いてるので諦めてますが来ないであろう連絡を待ってみたり(゜ロ゜;外部や内部から抜ける子聞いたことありますか?

ちょこ様

コメントありがとうございますm(__)m

不合格は残念でしたね…
でも、ここはひとつの通過点。この経験はお子さまの次の節目に生きると思います。
男子は北嶺に抜けることもあると聞きますが、女子はどうなのでしょうね…(あまり精通してなくてごめんなさい)。
中学生活、高校生活を楽しく充実して過ごせて、かつ、納得できる大学進学ができれば、どこのルートでも幸せだと思っています、私は。
結局は「その先」なんですよねー。

このブログに訪れてコメントくださった方の中で、繰り上げがあると良いなー、と思いつつ…。

繰り上げがある場合、私学の合格発表後でしょうね。
または、3月の転勤辞令の頃か…。

また、お立ち寄りくださいねー(^-^)/

追加合格についてなんですが…
今年、附属小の友達で藤女子を受験する人がいます。
多分、合格したらそちらにいくのではないでしょうか?
なので、内部からの辞退もありえると思います。

小6です。様

コメントありがとうございますm(__)m

内部の方が辞退する例もありそうなのですね…
ここにいらっしゃる方でどなたかくりあがると嬉しいですよね(^-^)

貴重な情報ありがとうございます♪

また、お立ち寄りくださいねー(^-^)/

附中生一年男子です。

なにか参考になれば幸いです。参考にならなければすいませんm(_)m

僕は追加合格で入学しました。去年は男子が5倍で女子が2~3倍と聞いています。

受験当日のことはあまり覚えていませんが筆記試験のときはすごく緊張感が漂っていました。問題用紙および解答用紙をもらう時もある程度の声量で「ありがとうございます」と言っていました。正直僕も少し驚きました。それで筆記試験が終わると受験者は一回廊下に出されてテスト用紙を回収します。その廊下に出されたときにも話さない方がいいと思います。ただ僕の友達が「めっちゃできた」みたいなことをいって周りの受験者にプレッシャーをかけていたのは覚えてます。(その友達は一発合格しました。)こんな感じで一日目の筆記試験は終わりました。

二日目の面接および運動試験はまず最初に運動試験を行います。運動試験では「立ち幅跳び」「バスケットボールのシュート」「マット運動(開脚前転と後転)」「短距離走」です。準備運動は7~8人のグループで行います。そこではなるべる大きな声でリーダーをとった方がいいと思いますが緊張してできなければ「2・2・3・4・5・6・7・8」と大きな声で言うのでも言わないよりは全然いいと思います。運動試験が終わったらバランスボール二個とホワイトボード一式が渡されました。先生からの説明があったのですが「難っ」て思いました。その内容が「バランスボール二個で安全かつ体が十分にほぐせる運動の方法を考えてください」言われました。それもまた7~8人のグループで行います。そこでは早くリーダー権をとってなおかつ自分から率先してバランスボールを使って案を出すのがいいと思います。ここでは緊張が少しほぐれると思うので声を出しやすいと思います。これで運動試験が終了です。
次に面接なのですが僕の時は面接は多目的室という教室で待機室が美術室と図書室でした。十人くらいがまとめて多目的室に呼ばれて一人ずつ面接を行っていきます。僕は産まれて初めて面接というものをしたのですごく緊張しました。ただ小学校で児童会長をやっていたので緊張には少し慣れていました。まず名前と受験番号をきかれて着席します。そのあと人それぞれきかれる内容は違いますが僕は小学校の時に一番印象に残っている出来事はなんですかときかれたはずです。そこから僕が発言したことにまた質問してきました。そういう感じで話したことに質問話したことに質問みたいな感じでした。こんな感じで面接が終了しました。

次は塾の話です。僕はH大G力Z進会に小4の冬から通っていています。塾に通ってない人が合格するというのはほとんどないそうです。僕もいろいろな人にきいてみましたがほとんどの人が塾に通っていました。

最後に附中の授業は楽しいのでぜひ頑張って附中に来てください!


すごい長文失礼いたしました。

↑のコメントを書いたものです。
なにかききたいことがあれば言って下さい(*^▽^*)
答えられる範囲で答えますので。

中一ですがw様

コメントありがとうございますm(__)m

詳しく教えていただき、本当に助かります。
今後の受験生もすごく嬉しいと思います。
大変有意義な情報ですので、ブログの最新記事に転載させていただきました。
こちらのコメント欄か、1/5のコメント欄で皆様からも質問が出るかもしれないので、お答えくださると嬉しいです(^-^)

追加合格されたとのことですが、女子で追加合格があったという情報は聞いたことがありますか?女子はなかなか辞退がないとも聞きます。

また、お立ち寄りくださいねー(^-^)/

私学受験予定の内部の子は附属中は希望できないと聞いてました。昨年の内部の子どもに娘がきいたので確かではないみたいですが
(((^_^;)

コメントありがとうございますm(__)m

お嬢様経由の情報にも感謝です☆

きっと、信義則としては、
「私学に行く子は内部進学希望できず」
なのでしょうが、実際には私学の結果まち、という方もいらっしゃるのでしょうね(信頼関係を破壊するようなことですから『良いこと』ではありませんが、そういうこともできうる、ということなのでしょう)。

また、お立ち寄りくださいねー(^-^)/

女子の追加合格は聞いたことが無いです。
おわかりだとは思いますが男子は北嶺に流れるので追加合格が多いですが女子は立命館SPにほんの少し流れるだけだと思うので追加合格が少なくなってしまいますよね。僕の知り合いに附属に合格した女子が立命館SPに行ったので完全に無いとは言いきれません。来年度は開成中も出来るのでどのようになるかはまだわからないですね(^_^;)女子の追加合格についての情報があればまたコメントさせて頂きます。

中1一ですがw様

コメントありがとうございますm(__)m

やはり女子の追加は少なそうですね。

現役の方のお話は参考になります。

ありがとうございます♪

私は先日教育大附属に合格しました。とっても嬉しかったです(^□^)
でも回りの残酷さは衝撃でした。
今年は倍率が男女約8倍だったそうです。
追加合格に関しては1月10日(明日以降)増えると思います。
私の塾の知り合いで附属受かって北嶺受ける人が2人います。なので北嶺やら立命館やら大谷など、男子は多いと思いますが女子は少ないと思います。
合格発表の時の紙にも女子19人と男子23人。ということは男子(内部)が少し抜けてるのじゃないかと思いました、、
今年定員が減ったから受ける人も減るかと思いきや増え、倍率が上がりました。
入試本番は緊張したというより、ビックリしました。受かった人の最後は630ほどでしたが、実際に私が見たところ、640以降もいたと思います。
私も回りに附属受けた子で追加合格の子がいたらコメントします♪

小学校6年女子です様

コメントありがとうございますm(__)m
そして合格おめでとうございます♪
すごい倍率をくぐり抜け、ひと安心ですね。
やはり女の子はそう抜けないのでしょうかね~。
そうそう、以前から思っていたのですが、附属中から入学される方は、3年後にまた受験がありますが、そのあたりはご本人としてはどう思われていますか?

なんとなく、3年ごとに2回も受験、ということの覚悟は相当なのでは、と思いまして…

また、お立ち寄りくださいねー(^-^)/

以前ブログにコメントさせていただきましたが、
実は附属小受検経験者です。

附属小→附属中の中抜けが少ないのは、小学校受検時の説明会で
「私立中を受験する場合は連絡進学の権利がなくなる」と
お話があるからです。
私立中を受験し、残念な結果となった場合は公立中へ進学するとことなります。
なので内部生も試験があるとはいえ、実質小中一貫状態ですから
あえて冒険してみようという方は少ないと思います。

ちなみに附属小の倍率ですが、ここ数年男子より女子のほうが倍率が高いようです。

通りすがりの1年生ママ様

コメントありがとうございますm(__)m

やはりそうなりますよねー。
女子の倍率が高くなるのはわかります(^_^;)

また、お立ち寄りくださいねー(^-^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 附属の合格発表:

« 仕事納めです | トップページ | 「日本で働くのは本当に損なのか」海老原嗣生 »

広告

  • 広告

 広告

  •  広告

PR

  • PR