自己紹介



  • ☆ ま り ん ☆
    札幌在住40代会社員。
    ☆ オ ッ ト ☆
    同じく40代会社員。
    ☆ か こ (長女) ☆
    立命館慶祥高1年。
    ☆ に こ (次女) ☆
    4月にリッツ入学予定

問い合わせフォーム

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 大手進学塾ではない個人塾など | トップページ | そふと工房プラス太平本店 »

2013年9月14日 (土)

附属中の説明会に行ってきました

附属中の説明会に行ってきました。
以前にもチラリと書きましたが、附属は知っているようで全然知らない学校です。
受験者数も公表していませんよね。
なので倍率も不明。そこがちょっと手を出しづらい(>_<)
一定の人気があるためか、私学のように何度も説明会を開いたりしないため、より謎は深まる…

賛否聞きますが、否定論者のうち、ネットの一部は、受験者数を減らすためのネガキャン(インターエデュでも、受験前になると立命館に対してもネガキャンが張られることが多いです(-_-;))ということもあり、どれが本当か、と悩むことも。

卒業生の方からは良い話が多いですから、そっちが本当なのかな、とも思うのですが。


undefined

聞くと、本日は600人ほどの申し込みとか。
名簿に自分で○をつけて入る形式。
学年の記載もありましたが、ほとんど6年生。ちらほら5年生。4年生以下はごく少数。

説明会は体育館でした。
ほぼ満席。

undefined

資料はこのふたつ。

undefined

私学の説明会と違うのは、生徒のお手伝いが一切ないところでしょうか。
先生たちがにこやかに親切に対応してくださいます。

附属は、公立校と同様のカリキュラムをベースに、教育実習校として、教育大生など教育実習生を多数受け入れる、教育の理論と実践の総合的研究を進めるなどの特色を持っています。

実習生は今も40人程度来ているとのこと。

通学区域は市内全域なので、藤野や美しが丘、手稲などからも来ているようです。

美しが丘の生徒さんは、5:30起き、6:25のバス、福住から栄町まで地下鉄、そこからスクールバスで学校、というスケジュールらしく。

学習時間は週30時間(公立は週29時間)。
6時間授業が基本で、放課後に活動がある日は、昼休みなしの短縮授業になります。

気になる進学先ですが。
今年の卒業生の進路として、

南、北、西、旭ヶ丘、開成、第一、立命館、北星女子

とスライドに書かれていました。

附属から北星女子、というのはかなり意外でした(校風も志向も違いそうなので)。

部活は、あっても月1,2回程度ということです。さらに、個人の中体連参加もできないので、
「部活をやりたい人はこないほうが良いです」
との説明も。
そのかわり、全員が委員会活動をやるようです。

ここ数年で活動しはじめたという「ユネスコスクール」の活動なんかは面白そうだったな~(^o^)

経費は、入学時に5000円の視聴覚機器維持費を支払うほかは入学金などはなく、経済的。
給食費、教材費、PTA会費等の諸経費が月額8867円のみ。

1年生の学校宿泊学習(あいの里)は3900円。
2年生の校外宿泊学習(洞爺湖)は12000円。
3年生の修学旅行は、一般的な東北ではなく、平和学習として、長崎・福岡で、82700円。

制服は40000円程度、ジャージ等は靴もいれて27000円程度とか。

私学に比べると、本当に安いですよね(^-^)

国際交流もしていて、海外の生徒を受け入れたりしているようですが、立命館などの私学と違うのは、対象国が中国と韓国だけで、欧米からは行っていないところ。一部の希望者は韓国に交流にいったり、こちらの家庭でもでホームステイを受け入れたりもするようです。

生徒さんの様子が、スライドと動画で紹介されましたが、長崎のチリンチリンアイスを見て「おいしそー」とにこ。
平和の像についてはすでに知っていたので、少し神妙な顔つきに。

生徒さんが動画で学校紹介をしたりもしましたが、せっかくだから、実際に生徒さんの話を聞きたかったな、と思いました(なんらかの制約があるのかしら?)。

先生に伺いましたら、受験者数や倍率は非公表とのことでした(-_-;)

塾などでは把握してるのでしょうか?
どなたかご存じの方がいればコメントくださいm(__)m

9月28日には学校祭で学校公開があり、3年生の総合学習発表を10月26日(仮)に予定しているそうです。

附属、3年間でまた受験があるのが少々気になりますが、選考された生徒さんなので、「仲間が良い」んでしょうね。
卒業生の満足度の高い学校のように感じました。

帰宅の途につく参加者のみなさん。

undefined

あ、大事なところ。
抽選は、ここ10年以上は行っていませんが、応募者が受験会場のキャパを越えたら行うようなので、今年度やらないかどうかは未定、とのことです。

附属の先生たち、お疲れさまでしたm(__)m


 ↓↓ 読んでいただけましたら、1日1クリック、嬉しいですm(__)m ↓↓
 


中学校受験 ブログランキングへ


« 大手進学塾ではない個人塾など | トップページ | そふと工房プラス太平本店 »

北海道教育大附属札幌中学」カテゴリの記事

コメント

情報有り難う御座います。

進学先は極端な話、公立なら旭丘・開成レベルには入れるという事なんでしょうか失礼な話、偏差値低めな高校に行く子は居ないのかな…。
でも、附属は中学からの入学はかなり狭き門なので中学から附属に入れるくらいの学力の子は東西南北あたり入れるんでしょうね。
勝手な想像で北星女子に進まれたお子さんは公立の滑り止めだったのかな、と漠然と思いました。

40代で娘を持つ母親です。
私自身、道内の教育大附属小中出身です。
教育研究校なので、授業をみに色々な方が頻繁に来られていました。とにかく先生達が熱心でした。
裕福な家庭も普通のサラリーマンの家庭も関係なく、母親同士未だに仲良く年に何度も食事会して集まっています。
問題ある子もいなく、温室育ちになった為その後公立高校に進学して色々驚く事もたくさんありましたが、高いバス代かけて附属に通わせてくれた親には今とても感謝しています。

通りすがりさん

コメントありがとうございますm(__)m

附属の進学先は、資料に記載はなく、スライドのみだったので、転記漏れがあるかもしれません(-_-;)

また、人数が書いてないので、ウェイトが不明です。

でも、南北や開成、旭ヶ丘クラスが多いことは事実でしょうね。
すごい実績ですよね。
ある程度の学校に行かないと肩身が狭いのかな、なんて…。

附属中学はかなりの狭き門ですよねー。
倍率ってどんなもんなのでしょう。
開成の中高一貫化でどう変わりますでしょうね。

またコメントください(^-^)/

まみさん

コメントありがとうございますm(__)m

OGの方のコメント、助かります。

附属は宣伝をする学校じゃないので、なかなか内容が伝わらず、誤解を持っている人も多いですよね。受験して入る学校ゆえ、反発や嫉妬の歴史もあったかもしれません(以前、読売の本「学力危機」についても書きましたが、北海道は、抜けがけを嫌う風土ですしね)。

うちは、主人の考え方もあって、
「小学校は地元に」
ということでしたが、まみさんや、他の方々のお話で附属のよさを伺うと、小学校から附属、というのも良かったかなー、なんてチラリと思っちゃいました(^-^)
(今のように、お友だちの家が近いことにもメリットはあるんですけどねf(^^;)


また、コメントください(^-^)/


こんにちは。以前にもコメントさせていただいた、今年娘が附属中受験予定の者です。私も説明会に参加しました。
倍率は、大手塾はある程度把握しているようです。春に増進会の附属中オープンテストを受けたんですが、返却の時に講師の方が「去年は女子で3倍程度でしたね、前より倍率は下がってます」と言っていました。私はもっと倍率高いと思っていたのですが…。

こちらを訪れる方は私立中受験を考えていて「私立中と附属中」を比べてみる方が多いと思いますが、私立が無理な我が家では「近所の公立中と附属中」を比べることになるので、(部活はもともとやらなそうな性格だし)通学時間以外には附属のデメリットが無いのです。
公立中がもっと「勉強ができる子を伸ばせる」環境になってくれたらいいんですけれど。

進路については、附属は実習生の授業が多いのでカリキュラムが遅れがちで高校受験に適していない、と聞いたことがあります。塾を併用している子も多いらしいです。

娘は説明会に行って「絶対この中学に入りたい!」と決意を新たにしたようで、連れて行ってよかったです。

ノイズちゃんさん

コメントありがとうございます。
説明会にいらしていたんですね~。
生徒さんの活動とか、積極的な感じがして良かったですよね!
そうですか、女子でだいたい3倍・・・。
みなさん第一志望で、それなりの対策も行ってきた(もしくは、対策をしてなくても「腕に覚えあり」の)お子さんたちの倍率だとすれば、すごい倍率ですよね~。

次女が通っている個人塾にも、5年生、6年生で附属を受ける予定の生徒さん(性別不明)がいるのですが、クラスの人数が各学級35人に減り、中学からの募集人員が減るため、ますます狭き門になってしまったため、附属に関しては本人たちにやや諦めムードもあるようなことも聞きました。

ノイズさんのおっしゃるとおり、国公立でももっと選択肢が増えると良いですよね。

初めまして。記事を読ませていただきました。
私も説明会へ行きました。正直、がっかりでした。
小学校の説明会も聞いたことがありましたが、全く違います。今回は削減の問題、また附属の性質として「教育方針を変えない。うちはこれ!これで良ければ来ればいい!」というのがあからさまな説明会でした。(私の友人も同じ事を言っていました)
我が家も某塾へ通塾しています。何度となく附属についての説明も聞いています。倍率も受験者数もおおよそ聞いております。3倍以上はあるかと思います。
また高校の進学についてですが、大半が東西南北と言うことはありません。もっと下位の学校へ行った子もいます。(主人は教職員です)
なので、あの説明会は本当に参考程度に思った方がよろしいですよ。実際附属へ通っている現役の親御さんと話す機会があるのですが、学校はとても楽しいようです!ただ、長期休暇の課題が想像を超えています・・・。全教科の課題がでます。音楽・美術もです。音楽は演奏会を聴きに行くとか、美術なら美術館へ行き感想文ですとか・・・。社会は工場見学・・・。
あと気になったのが寄付金ですね。確かあるはずです・・。
長くなりましたが、受験日まであと数ヶ月!受検を考えているお子様は頑張って欲しいです!!我が家はすっかり気持ちが変わり、私学を目指します!

お初さん

コメントありがとうございますm(__)m
説明会にいらしてたんですねー。
確かに、「ついてこられる人だけついてこい」と言いますか、そういう雰囲気はありますよね(^o^;)

課題も多いのですねー。
ということは、やはり、内申のことも考えると、気が抜けないのですね。
きっと、好き嫌いの分かれる学校なのでしょう。

お子さんの受験まであと少し、頑張ってください(^-^)/
ときどき、書き込んでくだされば嬉しいですー


 こんばんは、藤華祭のほうでもコメントさせていただきましたものです。

 この学校は生徒は生徒、先生は先生、だけれども裏では両方とも支えあってできている学校です。

 倍率の方ですが・・・どうなのでしょうかね…。
 
 一学年3クラスあり、二学年は一クラス42人構成です。
 
 確か…今年から減らすらしいのですが、確か38?ぐらいに一クラス構成人数変更するらしいです。

 附属は、男子は附属単独受験や北嶺中学との両方受験が多いらしいです。

 女子は…立命館や大谷クラスのひとが多いです。

 
 あまりお役に立てなくてすいません。

附中2年生(現)様

コメントありがとうございますm(__)m

併願先は、そんな感じなのですねー。
男子の場合、両方受かったら迷いそうですが、女子は附属に決めそうな印象があります(あくまで印象です)。
札幌開成中学ができると、附属の併願等、変わりそうですよね。

現役の方のお話を聞けると参考になるので、気が向いたら、時々お立ち寄りになって、色々教えてくださいねm(__)m

まりん(ブログ主です(^-^))様へ

 コメントのお返事ありがとうございます。

 こちらこそ、何か聞きたいことなどありましたら聞いてください!

 (金銭面はあまりわからないのですが・・・。)

 

附中2年生様

コメントありがとうございますm(__)m

みなさんは、塾に行ってる方は多いですか?
そして、高校受験の時、どんな学校を受ける人が多いですか?外からのイメージでは、附属中の人は大半が東西南北(もちろんそうじゃない場合も多いでしょうが)にいかれる印象です。
活動が充実しているので、9教科のテスト対策は大変ではないですか?

色々質問、すみません。
時間のあるときに、感想でも結構ですので(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 附属中の説明会に行ってきました:

« 大手進学塾ではない個人塾など | トップページ | そふと工房プラス太平本店 »

広告

  • 広告

 広告

  •  広告

PR

  • PR